使い方
使い方
使い方

使い方(作曲編)

必要に応じてテンポとキーを選択し、入力方法を「INPUT」から選択
(指定しなければテンポが107、キーがC)

▲鍵盤入力

▲マイク入力

▲音符入力

▲ドレミ入力

録音ボタンを押して選択した入力方法でモチーフを2小節分入力する
<鍵盤入力とマイク入力の場合>1小節のカウントを待って各々の入力方法で2小節録音
<音符入力の場合>音符の長さを選んで、入力したい高さの楽譜位置をタップする。
<ドレミ入力の場合>ドレミボタン(ドレミファソラシド)をタップして入力する。フリック操作の上下方向で、オクターブ上下を指定できます。フリック操作の左右操作で、入力音符の長さを、短く/長くできます。斜め上下の操作でオクターブ上下と長さを同時に指定できます。
モチーフの入力が終わると自動作曲ボタンを押します。
-「ジャンル」
-「曲調」
-「メロディーの動きの大きさ」
-「メロディーのテンション度」
-「小節毎のメロディーの変化幅」
-「メロディーの作り方」
-「オブリガート(助奏)1」
-「オブリガート(助奏)2」
を好みのものを選択し、「自動作曲」ボタンをタップすると1曲分が仕上がります。再生ボタンで一度聞いてみましょう。

▲ジャンル、曲調

▲メロディー

▲オブリガード

使い方(音符入力/編集編)

音符入力の方法と自動作曲後の編集について説明します。

音符入力モードで録音ボタンを押すと音符の入力ができるようになります。
入力ボタンを押して音符を選択して入力したい楽譜の音程部分をタッチすると入力が完了します。
書き込み方法は1個1個タッチして入力する方法(A)とドラッグ操作で入力する(B)2種類があります。
 
入力した音符を削除したいときは、削除ボタンを押して削除したい音符の近くにタッチすると音符が表示されるのでドラッグして削除したい音符に重ね合わせると削除できます。
 
入力した音符を変更したいときは、選択ボタンを押して変更したい音符の近くにタッチすると音符が表示されるのでドラッグして変更したい音符に重ね合わせます。(音符が赤くなると選択された状態です。)
変更したい音符が選択された状態で上下左右キーを使って変更します。上下で音程が左右でタイミングが変更できます。

▼音程を上げる場合

▼タイミングを遅らせる場合

使い方(曲のシェア編)

作った曲をAirDropやメール、YouTubeでシェア(共有)する方法について説明します。

エクスポートボタンを押します
Air Drop / メールで送る / YouTube のいずれかを選ぶ

Air Drop の場合は、共有できる端末から送信したい相手を選んでタップします。
メールで送るを選んだ場合は…
AAC(創作曲のオーディオデータ)、着信音、MIDI を選ぶ。AAC/MIDI を選んだ場合はすぐにメール送信の準備をしてメール送信のために、送信先メールアドレスなどを入力して送信します。
YouTubeの場合は、楽譜、または写真スライドショーを選びます。楽譜の場合は、タイトル、説明に必要に応じて文章を書き込み、公開/限定公開/非公開を選び、アカウントを確認して、アップロードをタップします。
写真スライドショーの場合は、カメラロールからお好みの写真を選び、楽譜画像のピクチャー・イン・ピクチャーのon/off、タイトル表示のon/off、切替間隔2小節、または4小節のいずれかを選び、YouTube動画のタイトル、説明に必要に応じて文章を書き込み、公開/限定公開/非公開を選び、アカウントを確認して、アップロードをタップします。YouTubeへのアップロード時にカメラロールへMPEG-4ファイル(拡張子mp4)の動画として保存されます。
着信音は、開始小節と長さ(秒)を指定し、フェードイン、フェードアウトについて、 on/off の指定ができます。作成ボタンを押してメール送信画面で送信先のメールアドレスを入力して送信します。
分類 iPhone iPod touch

接続端子

USB 2.0 doc

Lightning

Lightning
モデル iPhone 4S

iPhone 5 以降

iPod touch (5th)

Lightning - USBカメラアダプタ+USBケーブル

○*1 ○*1

Apple iPad Camera Connection Kit+USBケーブル

○*1

MIDIインターフェース(市販品)

○*2

○*2

*1:iOS7.0以降 *2:Lightning - 30ピンアダプタが必要

※MIDI機能を使う場合は、市販のMIDIインターフェイス、Apple社のLightning - USBカメラアダプタ* + USBケーブル、または、Apple iPad Camera Connection Kit* + USBケーブルを介して、電子楽器と接続します。
(*Lightning - USBカメラアダプタ、Apple iPad Camera Connection Kitを、iPhone/iPod touchで使用する場合は、iOS 7.0 以降が必要です。)