Chordana Viewer

曲を選ぶだけでコード譜を自動作成。
簡単操作でお好みの曲のコード譜を作成/印刷できます。

1.オーディオ曲を選択する

画面左上の「♪」ボタンをタッチし、デモ曲1、デモ曲2、デモ曲3、iTunes曲のいずれかを選択します。

2.オーディオ曲を解析する

解析中は、進行状況をバーで表示。解析が終了すると、画面上部にコード譜、下部にピアノ鍵盤が表示されます。

3.曲を再生する

「再生」ボタンをタッチすると曲の再生がスタート。再生にあわせて、解析されたコードのポジションが演奏域に表示されます。このとき、楽器パッドをタッチして演奏することもできます。また、解析された小節の位置を±2拍分調整することができます。

4.解析コードを確認する

解析されたコードが正しいかどうか、曲にあわせて実際に演奏しながら確認してみましょう。

5.コードを選択して編集する

違和感のあるコードがある場合は「設定」ボタンをタッチ。「コード表示設定」から「コードタップ時の動作」→「編集」を選択します。次に、変更したいコードをタッチすると、3つの候補を表示されるので、イメージにあったコードを選ぶと、そのコードがコード譜に反映されます。

6.コードを指定して編集する

候補の中に目的のコードがない場合は、「Manual Chord」を選択して「コード一覧画面」を表示。左側のルートと右側のタイプでコードを指定した後、「Done」をタッチすると、選択したコードがコード譜に表示されます。ピアノパッドやギターパッドで演奏するコードも、新しいコードに自動的に変更されます。

コード編集の紹介

解析結果は小節・拍子などの条件を設定することにより、精度が上がります。設定できる条件は下記になります。
●小節あたりのコード数 ●コードセット(基本、ポップス、ジャズ) ●テンポ(スロー、標準、アップテンポ)●一定テンポ(オン、オフ) ●拍子指定(4/4、3/4、5/4) ●コードアレンジ(なし、代理コード、テンションコード) ●小節位置調整(可変範囲±2拍分)

ピアノ鍵盤は、鍵盤上端をタップしながら左右にスライドすること音域を変更することができます。

使い方の紹介(デモ曲1)
作曲・編曲・ピアノ:樺山潤一郎(Junichiro Kabayama)
歌・作詞:マヤ・ハッチ(Maya Hatch)


MIDIは社団法人音楽電子事業協会(AMEI)の登録商標です。
Apple、iPhone、iPod touch、およびiPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
その他のサービス名・製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。

7.コードを選択して編集する

コードの編集が終わったら、左上の「♪」を押し「セーブ」を押して「はい」を押すとデータエリアに保存されます。
次回起動時には直接データリストから保存したものを選択すると解析時間が省略されすぐにコード譜を読み込むことができます。

8.編集したコード譜をメールで送受信

データリストに保存したコード譜はユーザー同士でメールで送受信が可能です。
♪ボタンを押して「データ」ボタンを押してメール送信したいコード譜を選択し、右下の「メール」アイコンを押すとメーラーが立ち上がります。送信したい人を宛先に選んで送信ボタンを押すと送信完了。
メールを受信したユーザーはメーラーからデータをタップし「Chordana Vewで開く」を選択。Chordana Viewerが立ち上がるので「itunes曲」を選択、「データ」ボタンを押すと受信したデータがリストに表示されます。
「選択」ボタンを押して「はい」を押すと受信したコード譜が表示されます。

9.コード譜を印刷

データリストに保存したコード譜は印刷が可能です。
ホーム画面にて右上の「印刷」アイコンを押し、プリンタを選択して「プリント」ボタンを押すと印刷が実行されます。

10.楽器接続例

鍵盤自体が光る当社の「光ナビゲーションキーボードLK-221」などと接続すれば、作成したコード譜のコードとルート音(コードの低音部)を光でガイドします。

接続推奨機種: LK-218、LK-118

FAQ こんなときにどうする?

Q1: 演奏曲の再生速度を変えたい。
A1: テンポボタン(1)で速度を変更します。

Q2: 伴奏音を大きくしたい。
A2: 伴奏-ボーカル(2)で再生バランスを変更します。

Q3: 音色を変えたい。
A3: 音色ボタン(3)で音色を変更できます。また、音色を増やすこともできます。(有料)

Q4: 楽器接続したい。
A4: 市販のMIDIインターフェイス、Apple社のLightning - USBカメラアダプタ*2 + USBケーブル、または、Apple iPad Camera Connection Kit + USBケーブルを介して、電子楽器と接続することができます。接続するとMIDIマーク(4)が点灯されます。(*2: Lightning - USBカメラアダプタ、Apple iPad Camera Connection Kitを、iPhone/iPod touchで使用する場合は、iOS 7.0 以降が必要です。)

Q5: 演奏を録音したい。
A5: 録音ボタン(5)を押してから再生ボタン(6)を押します。曲に合わせてタップしましょう。録音を終えたいときは録音ボタン(5)を押します。録音された曲はSONG(♪)ボタン(7)を押して右上の録音曲を押すと録音された曲がリスト表示されています。リストをタッチして再生ボタンを押すと録音された曲が再生されます。

Q6: ピアノパッドで演奏した音を伸ばしたい。
A6: Sustainボタン(8)を押します。ピアノパッドは押している間だけ音が伸び、ピアノ鍵盤では押したあと次に押すまで音が伸びます。

Q7: ギターパッドで音をミュートしたい。
A7: Muteボタン(9)を押します。

Q8: アプリ内課金した音色やリズムが使えない。
A8: 設定ボタンを押してその他のリストアを押してください。