PD音源シンセサイザー:CZ-App fir iPad - カシオ計算機

CZ-101(1984年発売)など当社シンセサイザーのベストセラー「CZシリーズ」を再現するとともに、
新機能を付加したアプリです。
4パート分の PD(Phase Distortion)音源を内蔵しており、
36種類の波形を駆使した多彩な音創りが楽しめます。作成した音色は、MIDI対応楽器でも演奏可能です。

製品特徴

デモムービー

PD音源方式

PD(Phase Distortion)とは位相の歪みを意味し、サイン波を読み出す際の位相角を歪ませることによって様々な波形を得る、つまりサイン波のみから波形を作り出すという画期的なシステムでした。CZシリーズでは、PD音源によって創り出した8種類の基本波形と、このうち2種類を組み合わせた波形の合計36種類もの基本波形を用意しました。

▲メイン画面

幅広い音作りを可能にする豊富なパラメーター群

ブロック構成は、DCO、DCW、DCA、をそれぞれ2系統装備

WAVE FORM(DCO1/DCO2)

基本波形を設定するパラメーター。合計36種類の基本波形が2系統の音源についてそれぞれ選択できます。

KEY FOLLOW

鍵盤の音域の高低に応じて波形を制御するキーフォロー(DCW1/DCW2)と鍵盤の音域に応じてエンベロープの時間を制御するキーフォロー(DCA1/DCA2)があります。

DETUNE/LINE SELECT

CZシリーズのシンセサイザーは、音作りの目的にあわせてライン出力を1、2、1+2‘、1+1‘の4種類の中から選択できます。2DCO使用時、デチューンで2系統のピッチのズレを±4オクターブ内で細かく設定でき、コーラス効果のほか、特定倍音を強調する音作りに役たちます。

RING/NOISE MODULATION

リング変調により非整数倍音を含んだ金属系の音を作ったり、ノイズ変調によりパーカッション系の音などを作ったりするのに有効です。

ENVELOPE GENERATOR

2系統のDCO、DCW、DCAの核ブロックに1つずつ、エンベロープ・ジェネレーターを備えており、音程・音色・音量の時間的変化を設定可能です。

▲編集画面

▲ミキサー画面

お気に入りのオーディオデータに合わせて演奏

iPad内のオーディオファイルを再生して鍵盤演奏に合わせて楽しめます。

鍵盤のレイアウトの組み合わせで新しい演奏が可能なマルチプレイモード

2段、3段、4段や向かい合わせのレイアウトなど複数人でも楽しめる新しい演奏インターフェイス

▲マルチプレイモード画面

アプリ間連携や外部MIDI機器にも対応

Inter-App Audio(iOS 7以降)
Audiobus対応(Inputのみ)
Bluetooth MIDI対応
外部MIDIキーボードによる演奏(市販のMIDIインターフェイス、Apple社のLightning - USBカメラアダプタ + USBケーブル、または、Apple iPad Camera Connection Kit + USBケーブルを経由)

※Lightning - USBカメラアダプタ、Apple iPad Camera Connection Kitを、iPhone/iPod touchで使用する場合は必要です。

製品特徴