「Chordana Composer」は作曲の知識がなくても
自分のオリジナル曲を簡単に創ることができます。
3種類の入力から自分に合った入力方法でモチーフ(2小節のメロディー)を入力できますが、
1曲分のメロディーを入力する必要はありません。

1つのモチーフを入力するだけで自動で1曲分を自動作成してくれるので
作曲に掛かる膨大な時間は必要ありません。

製品特徴
製品特徴

モチーフ(2小節のメロディー)の入力方法は4種類

普段の生活の中でふと思いついたメロディー…これが曲になったらいいな~って思ったことありませんか?でも作曲って知識が必要だし楽譜も読めないとだめ?それに時間掛かりそう。そんなあなたのお悩みを「Chordana Composer」が解決してくれます。

あなたは思いついたモチーフを2小節分入力するだけ。あとは自動で1曲分仕上げてくれます。
入力方法は4種類から選べます。「鍵盤入力モード」は、仮想鍵盤で、 「音符入力モード」は楽譜に音符を貼り付けて、 「マイク入力モード」はマイクに向かって歌って、「ドレミ入力モード」はドレミボタンで入力していきます。

▲鍵盤入力モード

▲音符入力モード

▲マイク入力モード

▲ドレミ入力モード

「ジャンル」と「コンセプト」を選んで自動作曲

上記のようにメロディーを入力したらいよいよ自動作曲です。「ジャンル」、「コンセプト(曲調)」、「メロディーの動きの大きさ」、「メロディーのテンション度」、「小節単位のメロディーの変化幅」の中から自由な組み合わせでイメージにあった曲を創っていきましょう。また、メロディーの作り方として、モチーフから都度異なる曲を自動作成する方法と同じモチーフからは同じ曲を自動作成する方法をどちらか選択することができます。メロディー(主旋律)、伴奏以外に、オブリガート(助奏)1、オブリガート(助奏)2、を追加することができます。A メロ(A、第一主題)/B メロ(B、第二主題)/サビ(C、第三主題)各部助奏の on/off、フーガスタイル(主旋律を繰り返すような助奏)の on/off、バリエーション(主旋律を変奏した助奏)の on/offができます。

▲自動作曲の各種設定 1/3 ジャンル、曲調

▲自動作曲の各種設定 2/3 メロディーについて

▲自動作曲の各種設定 3/3 オブリガート

自分なりの修正はヒント機能を参考に

上記のようにして創った曲のメロディーを音符入力モードで自分で修正することも可能です。メロディーの修正するときにヒント機能を”on”にすると、音符が色分け(コードに合う音/音階に合う音/テンション度合いをあげる音/それ以外の要注意の音)され、修正の参考になります。

<ヒント機能使用時の色の意味>
黒:コードトーン、青:アベイラブルノート、ピンク:テンションノート、水色:スケールノート、赤:アボイドノート

シェア機能でみんなに聞いてもらいましょう!

出来上がった曲を、簡単な操作で、写真スライドショー、または五線譜付の動画にしてYouTube にアップロードできます。また、創作曲のオーディオデータ(AAC 形式)/MIDI データをメール送信できます。さらに、着信音*1 も手軽に作成可能です。

*1 iPhone の着信音として使用するには、Mac またはWindows パソコンと接続し、iTunes経由でiPhone への転送が必要です。

▲シェア機能

▲メール送信機能

▲着信音データ設定

▲スライドショー設定画面1/2

▲スライドショー設定画面2/2NEW

▲ピクチャー・イン・ピクチャー画面NEW

製品特徴
製品特徴